NEWS

ビキニとカレー

これまでの個人的なパターンとして、予想外の場所で羽根を見かけたり、「真実」というキーワードが目に飛び込んできたり、思いがけない所で思いもよらない人と偶然出会う事が続くと、運命の歯車が回転する、わかりやすいセレンディピティの合図なのだが今日はみなとみらいのショッピングモールで、2年前にビキニの水着で極楽に来店された女性と偶然会った。あれっと目が合った瞬間、ビキニ、もとい彼女の顔を思い出しました。更にその後赤レンガ倉庫のオクトバーフェストで5年振りにある元ダンサーさんと再会、びっくりである。2018年はどんな年になるのかな。

鎌倉と都心部

鎌倉にずっと閉じこっていると浦島太郎状態、(時代に追いつきたい、先導したいかは別として)はっきり言えば時代から取り残されるので、たまに足摺りするように都内徘徊。新宿の立ち食い蕎麦屋店員皆中国人ユニクロ中東系顔立ち牛丼屋店員アジア系ローソンスタッフオンリーネパール人。庶民プライスのビジネス都心部は移民容認国家レベルの様相だな。スーパーやファストフード、ファストファッションのレジ無人化も進んどるし、そのうち日本人が接客すること自体が付加価値になるのかな。都内のバイブレーションや時間の流れに浸ると、なぜ鎌倉鎌倉と休日に人が押し寄せるか、改めて考える良い機会になった。自分も含めつくづく人は無いものねだり、それを満たさば。一応、日本人直営極楽カリー。

2コマ漫画ブツもん

近未来2コマ漫画『ブツもん』。「ミロクの世界の〜、仏型ロボット〜。どんな問題も説く、ブツもん」。第三次世界大戦の戦後処理が世界的にひと段落し、海面上昇による人類の生存可能地域への移住が完了し新たな国境線が世界地図に描かれるようになった2040年代。AIが労働や社会問題、自然環境再生の課題をほぼ解決し、人間は仮想現実と精神世界により入り浸る時間的余裕が生まれ、デジタル宗教が隆盛を極める。自動学習プログラミングされた仏陀システムを搭載したAIブツもんが、あらゆる精神的問いに対し明確な答えを示し、人々に電脳的安らぎをもたらす。さらに、視覚的にも覚醒者たるべく顏出しパネル「誰でもブッダ」が大流行。悟りの道は手軽、気軽、極楽に。未完。